子供とクッキー作り

夏休み中、暑いから外出たくないけど暇だー!ってなっていた時、子供とお菓子作りをしていました。

おかげで、もうクッキーなら私が手伝わなくても、長女が一人で作れるようになりました。

オーブンで焼くのは危ない可能性があるので多少見ますが、それ以外はノータッチ!

食べる係として、私と次女で待機していたレベルです。

 

 

夏休み中だけでも、長女は4・5回くらい作っていた気がします。

食べたいのもあるけど、一番は作る過程が楽しいから作りたいみたい。

ラッピングしておばあちゃんや友達にあげたり、自分が作ったものを食べてもらうのもやりがいだったみたいです。

だんだんやることが女子になってきました。

 

同じレシピでクッキーを作っても、使う粉のメーカーや、使うバターのメーカーを変えると、焼き加減が変わってしまうのか出来上がりに差があったように思います。

小麦粉から作るよりも、ホットケーキミックスから作った方が美味しく出来る(長女談。)らしいです。

そして、バターよりもバター風味マーガリン入れる方が美味しく出来る(長女談。)らしいです。

好みもあるし、子供が言ってることなので実際どうなのかわかりません;;

材料を変えたり、分量を変えたり、自分で工夫していたんだと感心しました。

 

お菓子作りは楽しいけれど、太るのでほどほどにさせたいと思います。

買ったクッキーでは味わえない、焼きたての香りとか、ちょっと温かくてしっとりしてる感じは手作りならではななので、たまにはいいなぁと思いました。

 

 

スポンサードリンク

      2018/12/22

 - 子育て , ,