姉妹のハロウィン衣装をハンドメイド(今更)

今年も姉妹用にハロウィン衣装を作っていた、どかどかです!

10月は1度もブログを書かないという暴挙に出てしまいました。

1ヶ月以上何も更新していなかったのですが、ちらほらアクセスはされていたみたいで、申し訳ない気持ちになっていました。

リピートで見に来てくださっている方、ごめんなさいです;;

また覗きに来てくださいね☆

 

 

話はタイトルに戻りまして。

今更ですが、2週間くらい前に過ぎ去っていったハロウィンの話をします。

 

今年もうちの子供たちにおそろいハロウィン衣装を作りました!

毎年作っているので、去年や一昨年どんなの作っていたか振り返る記事のリンクも貼りますね☆

⇒2017年ハロウィン衣装の記事

⇒2016年ハロウィン衣装の記事

 

去年は紫×黒でおそろいのワンピース、一昨年はオレンジのかぼちゃモチーフの衣装だったので、それとはまた違った雰囲気の服にしてみました。

 

長女用(スカートがオレンジの方)は150cm、次女用(スカートが紫の方)は110cmサイズで作りました。

今年作ったハロウィン衣装のポイントは、紫とオレンジの部分が姉妹で色違いになっているというところでしょうか。

家に使い道のないオレンジの山道テープがあったので、それを黒のサテンに縫い付けて、ストライプになるように柄をつけてみました。

素材は、黒の部分がサテン、オレンジと紫の部分がポリツイです。

 

次女(110) 長女(150)

 

普段着なら着心地や洗濯のしやすさなどを考えて生地を選びますが、コスプレ衣装のようなものは何度も着ないのでそれほど悩まず決めちゃいます。

子供が雑に脱いだり着たりして遊んでもシワになりにくく、縫いやすく扱いやすい素材で、お値段安めで済むという目線で生地を選びました。

生地は、いつもよくお世話になっている日暮里トマト 生地の店さんで購入しました。

服を作るとだいたい生地のが余るので、共布でおそろいのリボンのヘアゴムを作ってお友達にプレゼントしたり、他の衣装を作る時のちょっとしたパーツにハギレが再利用できたりもします。

時間や手間はかかるけど、作っている時は楽しいし、完成したら達成感と満足感が得られます。

1点ものなので人と同じ衣装にならないし、子供が着てくれたら嬉しいし、写真を毎年撮り続けて自分の思い出にもなります。

やはりハンドメイドって最高ですね!!

また来年も何か作らねば!

 

 

 

ちなみになのですが。

子供の写真を撮るのに壁を少し装飾してみました。

 

紙で作ったのでヘタるのが早く、子供がいじってズレたり折れたりしたので、もう少し強度のある素材で作るか、飾る位置を高めにするなどもうちょっと工夫すれば良かったかな~なんて思います。

写真撮り終わったらすぐゴミ箱に行きました。

躊躇なく捨てられるので、簡易的なものでもまぁまぁアリかな;

スポンサードリンク

      2018/12/22

 - 趣味・日記 , , , ,