ぷっくりリボンの作り方

昨日リボンゴムの作り方を書いた、どかどかです。

一度に説明すれば良かったのですが、今回はぷっくりリボンの作り方を書きます!

完成写真

CIMG4516

ぷっくり膨らんだリボンです。

基本のリボンの作り方と、途中まで同じ工程です。

(同じ工程の部分はリボンゴムの作り方から画像を転用しています)

 

材料

布:12×15cm

グログランリボン:5cm

ゴム:20cm

綿

はさみ、針、ミシンを使います。

 

スポンサードリンク

作り方

★手順1★

CIMG4375

布を12×15cmに切ります。(大きさはお好みで)

 

★手順2★

CIMG4380

中表に半分に折り、返し口を残して布端を縫います。

 

★手順3★

CIMG4381

表に返します。

 

★手順4★

CIMG4385

返し口から綿を入れます。

綿の量で膨らみを調節してください。

 

★手順5★

CIMG4515

中央を折りたたみ、縫います。

 

★手順6★

CIMG4513

リボンの中央の止め布として、グログランリボンを5cm切ります。

 

★手順7★

CIMG4516

手順5で縫った中央をリボンで巻き、縫い付けます。

 

⇒完成!!

 

まとめ

前回の記事のリボンゴムの作り方の途中で綿を詰めるだけです。

が、これだけのことでかなり見た目が変わります!

綿の量も、沢山入れるバージョンと、少しだけ入れるバージョンで雰囲気違いますよ~

 

前回作ったリボンと、今回のぷっくりリボンの比較画像はこんな感じです。

CIMG4524

CIMG4523

同じ大きさの布で作っても、綿を入れるか入れないかの立体感だけで、こんなに違うんです!

このリボンを服に付けようかな~と思っています☆

服が出来たらまたupします!

 

スポンサードリンク

      2018/12/22

 - 趣味・日記 , ,