横浜八景島シーパラダイスに行った話。

だいぶ前の話にさかのぼってしまう、どかどかです!

いつもなかなか更新ができずすみません;

作業したり動画を見たりするのにパソコン自体はほぼ毎日使っているんですが、何か書かなきゃ!と思ってもネタが無かったり気が進まない日が続いてしまいました。

毎日更新している人は本当にすごいと思います!

 

いつ更新するか謎なブログを毎度見てくださっている方はいらっしゃるんでしょうか・・・

(遠い目)

 

 

という話はさておき、本題へ。

今回はざっくりした内容で、画像メインの記事になります。

 

横浜八景島シーパラダイスに行ってきました。

今年25周年らしいですが、私行ったの3回目くらいですよ。

子供達は初めてのシーパラダイスでした。

 

とりあえず、はしゃいで写真を撮りまくりました。

 

天気が良すぎてとにかく暑かったです。

 

次女は真剣にお魚を見ていました。

 

イルカやペンギン、しろくまなどの人気ゾーンは混んでいるので、長女は変な生き物や、メインでないような水槽に食いついていました。

 

トンネルになっている水槽のところは、すごく綺麗に写真が撮れましたよ!

 

 

日本テレビのバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」とコラボしている水槽もあり、子供達が群がっていました。

 

お昼ご飯は、「海のバーベキュー焼屋」さんに行きました。

バイキング形式の食べ放題なので、子供達は好きなものを取ってきて好きなだけ食べられるので、楽しかった見たいです。

外の席を案内されたため、気温が高く、ただでさえ暑い日に野外で炭火で焼くスタイルはちょっとしんどかったです(笑)

 

家族全員が一致して楽しかったと思うゾーンは、このふれあいラグーンです!

ここでは、海の生き物たちと実際にふれあうことができます。

イルカに触れるコーナーがやはり1番人気でした。

ヒトデ、ナマコなどの安全な生物にも触れますし、小さいサメ、エイなどにも触れます。

長女はビビって触るのをためらっていたけど、次女はおかまいなくガツガツ触りに行ってました。

怖いもの知らずなうちに生き物と触れ合っておいた方がいいのかもしれませんね~

 

有料ではありますが、イルカに直接エサをあげられる体験もしました。

こちらは、人数制限があるのと、時間帯も決まっていますので、スケジュールをチェックしてから行った方が良いかもしれません。

 

そして、オススメなのがこれ!

こちらも有料ですが、バックヤードツアーというものがあり、普段は見られない水族館の裏側を教えてくれます。

関係者しか入れないエサの冷凍庫や魚の調理場の見学、一般に展示する前の生き物の見学、水槽を真上から見学、水温調節や水質の調整の方法、なぜ動物園より水族館の入園料は高いのか、水槽には何トンの水が入っているかなどのクイズなどを交えながら、係員さんが説明してくれます。

最後には、質問も受け付けてくれます。

夏休みの宿題に、水族館や海の生き物について調べるならもってこいだなと思いました。

もちろん、体験や知識としても勉強になるので、夏休みとは関係なくても参加する価値アリです!

 

ショーは2回見ました。

どの回に見ても内容は同じなのですが、長女がもう1回見たいと言い出しまして;

ジャンプの大技などは、その回によって失敗してしまうこともあるので、何度も見たいという気持ちもわからないでも無いな~と思いました。

 

帰りにお土産を見て、早めに退散しました。

次女は亀のぬいぐるみとキーホルダーを購入。

長女はスタンプセット、バスタオル、マグカップ、クッキーを購入。

やはり欲しがる物は違いますね~

Tシャツもちょっといいなぁと思ったのですが、あれもこれもと散財してしまうので、買い物はほどほどにしておきました。

 

 

 

横浜八景島シーパラダイスは楽しかったけど、自宅から遠いので日帰りすると子供が疲れてしまうので、帰りが大変でした;

行くなら泊まりの方が良かったかもしれないです;;

でも、また行きたい!

 

スポンサードリンク

      2018/12/22

 - 子育て , ,