簡単!うさみみカチューシャの作り方★1★

歯医者に行くのを面倒がっている、どかどかです!

天気が悪いと気分もどんより~

これから雨が上がるみたいだから元気だしていきます!

 

今回は、うさみみカチューシャの作り方を書きます☆

完成画像

CIMG4224

 

このようなうさみみヘアバンドが出来ます。

ワイヤーで自由に曲げて、形をアレンジするタイプです。

 

材料

布:80×12cm

クラフトワイヤー:80cm

紙(型紙作る用)

はさみ、針、ミシン、ニッパー

 

スポンサードリンク

作り方

★手順1★

CIMG4202

80×6cmの布を2本切る。

 

★手順2★

CIMG4203

上のような5cm幅の型紙を作り、布端に印を付ける。

CIMG4206

 

★手順3★

CIMG4211

中表に重ね、返し口を6cmくらい残して、手順2で印を付けたところを一周縫う。

 

★手順4★

CIMG4212

余分な縫い代をカットし、表に返す。

CIMG4216

 

★手順5★

CIMG4217

ソフトワイヤーの両端を曲げ、返し口から中に入れる。

先端が刺さると危ないので、必ず曲げてください。(先端を樹脂などで固めるとより安全です)

CIMG4219

※安全に関する追記⇒うさみみカチューシャの作り方★2★

 

★手順6★

CIMG4222

返し口を縫い閉じる。

 

⇒完成!!!

 

まとめ

次女につけたらこんな感じ!

CIMG4231

1歳だと長すぎるかもしれませんが、6歳の長女だといい感じでした☆

ねじり具合と、ワイヤーの角度を調節すれば、子供ならある程度の年齢まで使用可能だと思います。

夏に向けて、ビタミンカラーやボーダー柄で作れば活躍しそうです!

 

ちなみに、中に入れるワイヤーはこちらがオススメです↓

いくつか作っていて思ったことは、100均のワイヤーは太さや強度(曲がり具合)がオススメできないなぁ~ということ。

やはりクラフト用として売られているものの方が質が良いです。

 

そして、ワイヤーは金属なので汗や洗濯で水に濡れると錆びる可能性があります。

コーティングされているワイヤーを入れると長持ちしますので、それも良いと思います。

いろんな素材でお試しください☆

スポンサードリンク

      2018/12/22

 - ハンドメイド